【秋の制作】どんぐりと段ボールを使ってケーキを作ろう!

秋の制作

秋になると、どんぐりなどの木の実がいっぱい!子ども達が拾ってきたどんぐりを使って、秋の制作を楽しみましょう今回は、段ボールを使った『どんぐりケーキ』の作り方をご紹介しています。ごっこ遊びにも繋げやすいので、ぜひ作ってみてください!

どんぐりの下処理

どんぐりは穴が開いていなくても虫が出てきます。虫が出てこないように処理しておきたいという場合は、次の2種類の方法で虫対策をして、しっかりと天日干ししてから制作に使用してください。

①茹でる 水からどんぐりを入れて、沸騰してから10分ほど茹でる
②冷凍 ビニール袋にどんぐりを入れて、空気を抜いてから1週間冷凍する

 

大切なイベントなどで使うときは、天日干しをした後にニスを塗るときれいに仕上がります♪しかし、下処理ではどうしてもタイムラグができてしまいます。” 自然物を使った制作をその場で楽しみたい ”という場合は、子どもの『やりたい』を優先して制作を楽しんでくださいね(*^-^*)

用意するもの

秋の制作

 

1. どんぐり
2. 段ボール(丸・三角・四角・長方形の形)
3. 綿
4. ボンド
5. ホチキス

作り方

①ケーキの土台となる段ボールを、好きな形にカットする。(『用意するもの』の画像を参考にしてください。)※今回は、長方形(大)1枚・長方形(小)3枚・丸2枚で、3種類のケーキを作ります。

②長方形(大)を丸めて、底をホチキスでとめる。(とめる箇所を指でつぶしておくと、ホチキスがとまりやすくなります。)

秋の制作

 

ロールケーキの土台になります♪③段ボールの土台に、どんぐりや綿をボンドで貼り付ける。

秋の制作

秋の制作

1段でも可愛く仕上がりますが、今回は段ボールを重ねて作りました(*^-^*)

どんぐりケーキを使ってごっこ遊びを楽しもう!

散歩先などで拾ったどんぐりで制作を楽しみ、その制作物でごっこ遊びへと展開することで、子どもの興味や関心を広げることができます。

また、ごっこ遊びを通してたくさんの力が身につきます。
● 記憶力
● 観察力
● 表現力
● 想像力
● 創造力
● 言語力
● コミュニケーション力
● 社会性

ごっこ遊びは年齢や発達段階に応じて遊び方が異なるので、子ども達の様子みながら、環境の設定や必要な物の用意をしていきましょう。

関連求人 Relation