保育士さんのお給与を増やすには⁉

  • 今回は保育士の皆様から、よくお話を頂く「お給料が安い。お給料をふやしたい」この件について考えてみたいと思います。
  • そもそも、保育士さんのお給料は安いのでしょうか?厚生労働省の統計データを見てみると、民間の保育施設の保育士さんの平均月収は23万円、平均年収は342万円なんだそうです。一般のサラリーマンの方の平均年収は490万円というデータがありますので、やはり低めな水準と言えると思います。
  • ここで一つ朗報があります。皆様すでにご存知かもしれませんが、平成29年4月より保育士の待遇改善のために平成25年から平成29年までの4年間に月額2万円の給与増を目指して新たな制度をスタートさせました。そして、今まで主任、園長という2階層だった役職に加え、副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダーを新設することにより、役職手当という形で給与が増えることが想定されています。
  • それでは給与を増やすために私たちは主体的に何ができるでしょうか?考えられる事は以下の2つです。
  • ①給与の高い保育園に転職する。
  • 給与を確実に上げていく転職先は公立保育園なのではないかと思います。公立保育園は平均年収は680万前後になります。ですが、年齢条件、公務員試験と狭き門です。民間は給与水準が様々な為、確かな情報を得つつはなしを進める必要があります。
  • ➁キャリアアップ、昇進する。 保育士の方の役職も5階層となり、昇進しやすい環境が整いました。研修等を積極的に参加し、昇進を狙いましょう。
  • 私たち、民間の紹介会社は「民間の保育園の給与水準」などの情報、そして、保育士の新制度等アンテナを張っています。上記の部分で皆様のお手伝いできる部分は大いにあるかと思います。ぜひご相談ください。そして一緒に給与アップを勝ち取りましょう!
前へ 一覧

次へ

関連求人 Relation